妻の話をよく聞くことの重要性

???? Vol.136 ????-????????妻に離婚されたくなったら、まずは妻の話をよく聞くことが大切なんだと肝に銘じましょう。
女性は人と会話することによって、ストレスを吐き出し、楽しいことや悲しいことを共有し、夫や子供、まわりの人たちとコミュニケーションする生き物です。外では言葉数の少ない人も家に帰ったら以外とおしゃべりという人は少なくなく、多くの女性は常にだれかと言葉を交わしたいという願望を強くもっているものです。
少なくない給料を運んでいるんだから妻は満足しているはず、疲れて帰ってきているのに妻の愚痴なんて聞いてられない、自分は誰かとそんなに会話したいなんて思わない、というのはあくまで男性側の論理、そんな夫は妻に大きな不満がくすぶっていることを覚悟する必要があります。また、自分はよく聞いているという夫に多いのが、聞きながらも妻の愚痴や自慢に対して反対意見を返したり分析してしまうことです。妻の顔から笑顔が消えたら、聞かないこと以上に大きな罪を犯した可能性があります。もちろんただ聞いていればいいというものではありません。前向きな感想や共感など気のきいた返答ができないならば、相槌を打ちながら相手を気持ちよくさせることに注力した方が無難かもしれません。
たったこれだけのことと思うかもしれませんが、誰かの言っていることを黙って聞く、共感しながら聞くということは仕事と同じくらいあるいは仕事以上に大変なことなのです。大変だからこそ十分に聞いてもらった妻の満足度は高く、離婚という重大なリスクを避ける効果も大きいのです。

コメントは受け付けていません。